聖書の事実
購読

クリスチャン生活多場面での記事

心を尽くして主を愛する:どういう意味なのか?

無限の赦しと1万タラントの負債を負った人のたとえ

ソロモンの堕落

教会:定義、頭(かしら)と構成員

神への従順

主に委ねよ

世を愛してはなりません

主にある安らぎ   

ダニエル書第11章35節

神にはあなたのためのご計画があり、それが最善のものです

イザヤ書第58章

イザヤ書第61章1-3節

信仰の事実

『主はこの婦人に深い同情を寄せられた』

あらゆる点において私たちと同様に試練に遭われた

不純な動機でキリストを告げ知らせている...

『わたしが自分の歩んだ道を語ったとき、あなたはわたしに答えられました。』

ヨセフ:忍耐の人

競走、戦い、戦闘

『愛は隣人に害を与えることはない』

『み言葉はあなたの近くに』

イエスと生ける水

指をさす...

いのちの書...

主を褒め称える

神の教会にいる羊の衣を着た狼たち

泣く人と共に泣きなさい...

主を褒め称える時に起こる事 

悔い改め

主の御心であれば

主にあって雄々しくあれ

イエスと祈り

神の武具

ギデオン:聖書の学び(士師記第6章・7章)

神: 好意の原点

使徒言行録第 16章6節から40節

「愛は恨みを抱かない」

神の御前に

神は、神を愛する者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さる

主の懲らしめ

「その偉大な力と栄光を捨てて、奴隷の姿をとり、人間と同じになられました。(ピリピ人への手紙第2章7節)

「このようになまぬるいので」(ヨハネの黙示録3章16)

主を畏れる

「最初で、肝心なことがら」

「責められることのない良心」

シャドラクとメシャク、アベド・ネゴ (ダニエル書第3章16節から18節)

神を愛するものにはすべてが協力する‐ヨセフの場合

「御心ならば」それとも「おできになるなら」?

「自分は信仰の中にいるか、よくよく吟味しなさい」

使徒の働き第 16章6-10 節あるいはパウロはどのようにヨーロッパに来たのか

種蒔きのたとえ: 「茨の中に蒔かれる」

死の鍵:それを持つのは誰か?

エバの道、あるいはイエスの道?

ただの人間なのか?

「もし兄弟が罪を犯したら」(ルカによる福音書第17章3節から4節)どうするか

あなたは立ち上がりますか?

父と母を敬う

ガダラ人の地方にて

民の罪によって悲しまれる神の御心

どのように働くべきか

「わたしが主なる神であることを知るようになる」

どちらの競争を走っていますか?

十字架を背負う

実り: クリスチャンの生き方とは

「わたしは、なんという惨めな人間なのだろう」ローマの信徒への手紙第7章、略注解

「旅人であり仮住まいの身」

この世に倣うか、自分を変えて頂くか?

神が準備してくださった善行

サムエル記上第16章、主はいかにサムエルを導かれたか

種蒔きの例え話での誘惑の形

誘惑への正しい対応とは?

「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい」

「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい」

マタイによる福音書第6章25節から34節

「神の御心に適う」

「信仰にもって願う」

「主は聞いてくださらない」

コリントの信徒への手紙一第13章4節から7節で語られる愛

愛:律法を全うするもの

愛:新しい掟

愛:神を知るために必要なもの

「愛に偽りがあってはなりません」(ローマの信徒への手紙第12章9節)

言葉だけではない愛

肉と魂