聖書の事実
購読

多岐にわたるテーマでの徹底聖書研究

心を尽くして主を愛する:どういう意味なのか?

神の御言葉は:

教会:定義、頭(かしら)と構成員

神への従順

『愛されたものたち、私たちはいまや神の子である』

エフタは本当に自分の娘を捧げたのでしょうか?

主にある安らぎ   

「体を離れて、主のもとに住む」

ペテロの第一の手紙第3章19節:獄に捕われている霊たち

ツィクラグの攻撃:ダビデの反応から学ぶ

あらゆる点において私たちと同様に試練に遭われた

極道息子のたとえ話

ラザロと金持ち男

『神ご自身が愛しておられるのです』

黙示録第6章9節と第20章4節に述べられている霊魂について

主を褒め称える

主の変容のなかのモーゼとエリアス

聖書の中でシェオルとハデスという言葉が使われている頻度

パウロとフィレモン

主を褒め称える時に起こる事 

悔い改め

「霊魂不滅」という教理の起源

アブラハム、イサク、ヤコブの神

イエスは十字架上の犯罪人に本当は何と言ったのでしょうか。

魔術とエンドルの女について

肉体、心、霊魂

ペンテコステ以前、以後の聖霊

イエスと祈り

神は私たちを愛して下さいます

神の武具

聖書の著者は誰で、誰が書き記したのか?

聖書の解釈

テモテへの手紙二第3章16節から17節: 聖書はどのように役立つのか

創世記のイブ

イエスへの誘惑

「あなたがたが信じたこと自体が、無駄になってしまうでしょう」(コリントの信徒への手紙一第15章2節)

マリアは生涯、処女であったのでしょうか?

学者たちについて

イエス:ダビデの子

イエスは、本当に12月25日にご誕生されたのでしょうか?

列王記下第4章1節から38節、エリシャ、寡婦、シャネムの女

予言:「語られた」と「書き留められた」

イエス・キリストの二つの系図

二つの「血の土地」

ギデオン:聖書の学び(士師記第6章・7章)

イエス・キリストのご性質について

「種を蒔く人」のたとえ

使徒言行録第 16章6節から40節

聖書の中でシェオルとハデスという言葉が使われている頻度

復活か、それとも死の直後に命があるのか?

神は、神を愛する者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さる

主の懲らしめ

聖書の中の「心」ということば

ソドムとゴモラ:なぜ滅ぼされたのか?

主を畏れる

神を愛するものにはすべてが協力する‐ヨセフの場合

洗礼者ヨハネ:神の将軍

「自分は信仰の中にいるか、よくよく吟味しなさい」

使徒の働き第 16章6-10 節あるいはパウロはどのようにヨーロッパに来たのか

祈り続けなさい(ルカの福音書第18章1節)

今、あなたは自由です

サウルVSダビデ

バラムが歩んだ道

「もし兄弟が罪を犯したら」(ルカによる福音書第17章3節から4節)どうするか

父と母を敬う

コリントの信徒への手紙一第14章の預言

「わたしは、なんという惨めな人間なのだろう」ローマの信徒への手紙第7章、略注解

神から選ばれる:予定説の教義への考察

信仰と行い

義と聖書

神が準備してくださった善行

聖霊:「もう一人の助け主」

誘惑:神は悪をもって私たちを試みるお方でしょうか?

誘惑する側

誘惑の方法と形

種蒔きの例え話での誘惑の形

誘惑への正しい対応とは?

誘惑への武器である祈りについて